2014年12月01日

「様子を見る」ということ

飼っている動物の調子が悪い時、ほとんどの人が最初にすること、それは「様子を見る」事ですね。「ネットで調べる」がその次でしょうか(笑)。

もちろん、いつもとちょっとでも様子が違うとすぐに病院へ連れてきてくださる方もおられますし、それは実はまったく正しいのです。本音をいうと「様子を見ていいかどうか」はよほど観察眼が鋭いか、あるいは実際に診察しないと判断が難しいものなのです。

 それに、動物たちは病気を隠します(特に猫)。ですから、調子が悪い事を飼い主さんに見せる時というのは実は結構病気が進行していたり、重大な状態にまで進んでしまっている事もある、ということは頭に入れておいて下さいね。


 さて、そういう事をいちおう前提にして、「様子をみる」について考えたいと思います。まず前提条件として、

・子犬・子猫(おおむね生後半年未満)
・老犬、老猫(おおむね12歳以上)
・持病がある動物(特に心臓・呼吸器・ホルモン系)


の場合は「様子を見る」のは絶対ダメ!です。半日、あるいは数時間で取り返しのつかない事になってしまう可能性があります。夜中でも夜間救急病院に走っていただいたほうが良い場合もあります。

あと、もちろん、普段とぜんぜん違う行動、例えば

・体を痒がって散歩も行けない
・足を完全に挙げ、3本足で歩いている
・ウロウロと落ち着きが無い
・普段と違う声を出す
・夜中一睡もしない
・体を触ると「キャン」と叫ぶ
・呼吸器の症状(息が荒い、咳をしている、呼吸がしにくそう)
・体全体の症状(ぐったりしている、舌の色が真っ白、体温が下がっているようだ)


などは重大な病気の兆候かもしれませんので、若くても持病がなくてもすぐ来院していただいたほうがいいです。


 次に、まあまあ若くてまあまあ健康で、特に持病もない動物で、連れて行くべきか迷う症状の場合。ポイントは「様子を見て取り返しのつかないことになるかどうか」です。もっとはっきり書けば「半日〜1日ぐらい様子を見ているうちに手遅れになる可能性がある病気かどうか」ということですね。そういう意味から、

症状が1つだけの場合、半日〜1日様子を見てもいい

と考えて下さい。例えば、

・1度もどした(嘔吐)けど、元気で食欲もある。
・下痢しているけど元気だ
・元気だけど食欲が少しない

などは症状が1つだけなので半日〜1日様子を見てもいいと思います。ただし、あくまで半日〜1日です。3日も4日も続いて嘔吐がでているのに「様子を見て」いてはいけません!そういうのは「見て見ぬふりをしている」といいます。

次にこれを応用して考えると、

・もどした(嘔吐)あと、下痢もしている(でも元気)
・下痢していて朝より元気がなくなってきた
・食欲が無い、さらに元気もあまりない

という場合、症状が2つになっているわけですからこういう場合は病院へGo!です。いずれにせよ、迷ったら連れて来ていただいたほうが無難です。

 現在当院ではワンコインで往診しております。また、土曜日、日曜日も診察しております(原則午前中)ので、お気軽にご来院下さい。


 お断り:今回の内容はあくまで一般論であり、単一の症状の動物が全て軽症であり、様子を見ても大丈夫、という意味ではありません。判断はあくまでご自身で、迷ったら必ず連れて来てください。


 最後にお願い。病院へ行くべきかどうかを電話でお聞きになる飼い主さんが多いです。「●●なんですが、大丈夫ですか?」「今●●したんですが、どうすればいいですか?」という感じです。

 その答えは申し訳ありませんがいつも同じです。「お話だけでは何とも言えません」。まあたぶんほとんど大丈夫だろうな、と思う症状や相談でも、お電話での相談では基本的には「大丈夫です」とは絶対に言いません(言えません)。

 だって、ほんとにわからないんですもん。「どうしよう」と迷ったら病院へ。
posted by hiro at 17:45| Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: