2013年12月24日

動物をめぐる似非科学(最終回)

お待たせしました。動物をめぐる似非科学、今回はズバリ核心に切り込みます。


エピソードその1:万能シール

 昔、まだ勤務医をしていた頃、腎臓が悪いシェルティを診察しました。その子は、残念ながら病気が見つかった時にはすでに末期的な段階で、高齢ということもあり治療をしても数ヶ月持つかどうか・・・という状況でした。

 しかし、適切な治療をすれば尿毒症からくる吐き気や食欲不振、そしてだるさなどの症状は一時的にでもやわらげることができます。

 血液検査の結果と病名をお伝えし、治療方針について話をしようとしたところ、飼い主さんが

「先生大丈夫。この子にはこれを使いますから(治療は)いりまへん」

と言って、かばんの中から丸いシールを取り出しました。その、ロゴの入った肌色の小さなシールは何でもチタンが練り込んであるらしく「生体電気」を整えて病気を直してくれるとのこと。

 若かった私は、そんなものが世の中に存在することも知らず、そしてそのあまりに堂々とした物言いに圧倒され、結果的に飼い主さんの言い分を飲むことになりました。後で院長に相談すると「ああ、そういう人はしたいようにさせてあげたほうがいいよ」とのこと。

 なぜならそういうものを信じる人は「医学的常識」など聞く耳持たず、強引に治療をしてもトラブルになるだけだからだそうです。

 結局その子は最初の見立てよりも早く(しかも苦しみながら・・・)亡くなりましたが、飼い主さんは満足げでした。



エピソードその2:ステロイド嫌悪症

 開業当初のことです。ただし、このエピソードは私の治療方法や説明も悪かったかもしれませんので、一緒に反省します。

 その犬はその当時増えつつあった「アトピー性皮膚炎」だったのですが、治療の三大柱、スキンケア(その子にあったシャンプー、サプリメント)と環境整備(まめな掃除)はご理解いただいたのですが、かゆみを抑えるステロイドだけは頑として受け付けてくれません。

 その飼い主さんは「ステロイドは悪魔の薬で、一度使ったら最後、一生飲ませ続けないといけなくなり、少しでも止めたり量を減らしたりするとたちまちそれまでの何倍もの痒みが襲ってきて病気が悪化し、最後には全身がボロボロになって死ぬ」と信じて疑わなかったのです。

 もちろんステロイドにはそういう側面がありますが(そして確かに最近ではできるだけステロイドを使わないような治療へシフトしてきつつありますが)、とにかく今出ている酷い痒みを止めるにはステロイドを使うしかない、という私の説得も馬耳東風、ケース1の方と同様、病院での治療を拒否しご自分で治療する方法を模索するようになりました。

 西にステロイドを使わない獣医さんがいると聞けば出かけ、東に漢方で直してくれる先生がいれば車を走らせ、やれソリッド・ゴールドだ高価なサプリメントだ牛乳石鹸だ木酢液だ竹酢液だムトウハップだと色々なものを使っているうちにその子の皮膚はどんどん悪化し、ついには真っ黒のボロボロのガサガサのベトベトに。

え、どうして治療を受けていないはずなのにそれだけ詳しく知ってるんだ?それは、治療は受けないけれど電話で「これはどうだ」「あれは効くか」「こんなのを見つけたんだけど」と聞いてこられるからです。その都度「よくわかりませんし、そもそも診療もしないでこのサプリがいいとかあのフードがいいなどという無責任なことは言えない」と言うと数ヶ月に1度連れてこられる。そして最初に戻る、の繰り返し。

(ソリッド・ゴールドと実名を上げましたが、今はどうか知りませんがその当時のソリッドゴールドは食べさせるだけで「フィラリアにならない」「アトピー性皮膚炎が直る」「ジステンパーにも掛からなくなる」などと謳っていたのであえて実名を挙げました。このように「何にでも効く」と謳うのは似非科学の特徴の1つです)

結局その子も、何年も酷い痒みに夜も寝られない状態のまま亡くなっていきました。最後までステロイドは使わなかったと思います(他で処方してもらっていたかもしれませんが)。

そう、結局、エセ科学に騙されてつらい目に合うのは他のだれでもない、動物たちなんですよね。


ご自分で信じていろいろな健康法を試されるのは構いません。でも、それを動物に押し付けないでください。あなたには効いているかもしれませんが、それがその子に効くとはかぎりません。それどころか、人間は大丈夫でも犬や猫には毒になるモノや食べ物もたくさんあるのです。



 あなたが信じているその◯◯、ひょっとしたら「iPhoneは電子レンジで充電できる」ぐらいの与太話かもしれません。iPhoneは壊れても買い換えれば済みますが、一度損なった健康はお金では買い戻せないかもしれません。


posted by hiro at 20:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: